株主優待や日曜大工などで、楽しく挑戦して生活を楽しむ

株主優待メインの株式投資、米国株投資、日曜大工、子育て、自己啓発などを気ままにつづります。

Mac Book Air って結構すごいよね

目次

マイクロソフト大好き

 前にも書いたのですが、私は基本的にはマイクロソフトが好きです。

 MS-DOSの時代からWindowsに到るまでマイクロソフトのオペレーティングシステムとともに歩んできたと思っています。

今まではMAC嫌いだった

 今まで、Mac(アップル社)を使ってこなかったのですが、iPadの革命的なまでの使い勝手の良さに心を動かされ、アップル社のパソコンへの心のハードルが下がっています。

寝転がって使えるようなノートパソコンが欲しい

 そんな時に、自分専用で、寝転がって使えるようなノートパソコンが欲しいと思って色々と探していました。

 家族共用のデスクトップパソコンがあるのですが、自分専用のものが欲しかったのです。

 求める性能としては、

  軽いこと

  起動が早いこと

  バッテリーが長持ちすること

 です。

 そこから求められる性能としては、結果いわゆるウルトラブックということになります。

 すごく大まかで簡単にいうと、ハードディスクでなく、SSD搭載の軽くて薄いノートパソコンということですね。

 それを、今までの自分の古い固定観念をまっさらにして製品を選んでいくことにします。

候補を3つにしぼった

 いつものヤマダ電機で並んでいるパソコンを色々と触ってみたり、ネットを調べてみた結果、候補としては次のようなものでした。(2〜3年ほど前)

 NEC LAVIE Z  

・一番軽いと言われていたノートパソコン

・とても軽いが、キーボードのタッチが悪い。結構高い。20万円弱する。

・日本のNECというのもポイント高い。昔からパソコンを作ってきた歴史がある。

 Panasonic Let's Noteシリーズ

・昔、一緒に仕事をしていたシステムエンジニアの人の評価もすごく高かったです。

・とても軽い。光学ドライブが選べる。すごく高い。

・信頼のパナソニック製。一般にはあまり知られていないかもしれませんが、結構前からビジネス用途で使用され、優秀で信頼性がある。

 Mac book Air 13inch

・Windowsマシンではない。とても軽い。

・CPUがWindowsマシンでおなじみのインテル。

・意外と安い。10万円ちょっと。キーボードのタッチが感動的に良い。

・ワード、エクセルをメインで使う人には向かないかも。

 ここで、感じたのは、当時(2〜3年前)ウルトラブックを宣伝しながら、私が見るところウルトラブックと呼べるものはほとんどなかったということです。

 (まあ、マイクロソフトのSurfaceはあったのですが、それは今度書こうと思います。後で買っちゃったので)

NEC LavieかMACか

 最後までNECとMacbookAirで迷いました。

 最終的には、

・今まで、Macは使ってこなかったが、パソコン好きな私としては偏見を持たず、自分が死ぬまでの間にMacを一度使ってみようと思ったこと。

・ニュースを見ていると、テレビに出てくる海外の要人の使っているノートパソコンにMacが多いなと感じたこと。

・本当は、NECにしようと思ってはいたけど。キーボードのタッチがどうしても私の許容できる範囲ではなかったこと。(これは私の主観的なものです)

・MacBookAir のキーボードタッチがすごく良かったこと。(これは3年ほど使った今でも気持ちいいです)

・他に比べて安かったこと。

・ワード、エクセルがないが、仕事で使うつもりがなかったこと。

・ヤマダ電機で、詳しくて感じのいい店員さんとすごく長く話をして、きちんとMACについて説明してくれたことと、その店員さんもプライベートで使っていると言っていたこと。 

 初めてMAC買っちゃった

 上記の理由で、MacbookAirを購入しました。

 

f:id:challenge_funlife:20170920001835j:plain

 MacBookAir 13inch 2013

 intel core i5 1.3GHz

 メモリ 4GB

 SSD 128GB

 ヤマダ電機で購入です。お気に入りの店員さんが一人増えました。

 しかし、これが10万円ちょっとで買うことができるってすごいですね。

購入してから2〜3年使った感想

 ・iPad Airのように立ち上がりが早い、というかパカッと開けばすぐに使える気軽さ。

 ・バッテリーが長持ち。普通に使うぶんには、バッテリーを気にすることがないです。

 ・キーボードタッチが良い。

 ・軽いので、寝転がって使える。

 ・強力なペアレンタルコントロール。子供もネットを制限して使っています。

  禁止のホームページを登録するのではなく、閲覧可能なホームページを登録するという設定もできます。

  というのも、禁止のホームページを登録するやり方は、イタチごっこになってキリがないです。

 ・Windowsとは全然違うオペレーティングシステム。結構勉強しないと戸惑う。今でも戸惑っている。

 ・ファイルがどこに入っているのかよくわからない時がある。

 ・Finder(Windowsで言うところのエクスプローラー)の使い勝手が未だに詳しくわからないが、なんとか使えている。

 まあ、SSDの128GBのものを購入したので、容量はそんなにありませんが、サブマシンとして使用しているので問題ありません。

 写真や動画の保管はデスクトップパソコンにしているので問題ありません。

 実は、Surface Pro4やデスクトップパソコンがある今でも、私が一番よく使っているパソコンとなっています。 

 ともかく気軽に気持ちよく使えるのがいいところです。軽くて外に持っていくのも気軽にできます。

 こりゃマイクロソフトや他のパソコンメーカーも頑張らないとヤバイなというぐらいの出来の良さです。