株主優待や日曜大工などで、楽しく挑戦して生活を楽しむ

株主優待メインの株式投資、米国株投資、日曜大工、子育て、自己啓発などを気ままにつづります。

ブックオフの優待はちょっと読んでみたいと思う本を購入するときの心のハードルを下げてくれる

 目次

 ブックオフ大好き

 近くにブックオフがあるのですが、そこに行くことが大好きです。

 だからブックオフの株を購入して株主優待をゲットしています。

 今日は本を買って読みたい気分でしたので、家族でブックオフに行きました。優待券を使って買い物ができるのでうれしい気分になりますしね。

www.tanoshiku-challenge.com

300円分の優待券が追加で届く

 そういえば、9月にブックオフから封筒で優待券50円x6枚が届きました。

 ちょっとサプライズ的な感じですね。これは前回優待券と同封されていたアンケートに回答した返礼としてもらえるものです。

 300円あれば約3冊分の本の代金になりますよ。

素晴らしいブログ記事を見つけた

 そういえば話は横道にそれますが、最近ブログを読むのが好きで、40歳をすぎた社会人のおじさんなのに、新聞よりもブログを愛読しています。

 そんな中、最近面白い記事を見つけました。内容がとてもよかったのでうちの高校と中学の子供達にも共有しておいたわけです。

www.nakajima-it.com

 このブログを書いている人はまだ大学生と若いのにすごいなと思っています。楽しくブログを読んでいますが、今の若い人たちは年配の人よりもすごいかも、なんて思う時がありますね。

今日は4冊購入


f:id:challenge_funlife:20181026182257j:image

 ちなみに、ハイキューは家族全員で愛読しているマンガで、最近のスポーツマンガの中では一番面白いと思っているマンガです。 私もバレー大好きなので愛読しています。描写がいいですね。バレー特有の身のこなしがきちんと描かれており好感が持てます。

 最近は仕事が忙しく帰りも遅いので、本を読む時間が取れません。スキマ時間を有効に活用できるヒントはないかと「超高速勉強法」という一見怪しいタイトルの本を手にとったのですが、立ち読みして見ると面白そうだったので購入することにしました。こうやって立ち読みして本を選べるのがネット通販でなく実店舗のいいところですね。それに優待券を持っているので本を買う心のハードルが下がりますし。

 司馬遼太郎さんが書いたアメリカ関連の本を購入した理由は、アメリカを知ることで米国株投資の参考になることがあるかもしれないと思ったからです。

 というのも、これもブックオフで購入した「SHOE DOG」フィルナイト著 で、著者が仕事で日本や東南アジアの国に行く前に、その国について書かれている本を一心に読むというくだりに影響を受けたからです。相手のことを知ることの大切さを改めて学んだわけです。

www.tanoshiku-challenge.com

 

 米国株投資など相手の土俵で勝負するためには、米国の基本的なことをもっとよく知ることが大事かなと思ったからです。

 テレビなどの既存メディアのニュースでアメリカを知った風になっていますが、本当にそうなのか?と最近よく思うからです。

 みんなが見ている意図的に取捨選択された情報だけでなく、多方面から情報を得たいと思ったからです。そういえば近年ではメディアと一般市民の乖離が大きくなってきているのではないかとも思っています。

支払いは優待券を活用

 合計で約1,500円を超える会計だったので100円の優待券を15枚使用しました。

 あぁ、本当にいい。

 レジの前で気持ちが豊かになります。

 さらに、本を読むと気持ちが豊かになるような気がします。

 ブックオフで中古本を安く購入できて、さらに優待券でさらに安くなるんですから言うことないですね。

ブックオフの株価など

 でも、ブックオフを取り巻く環境は良くないと思っています。

 会社として、本ではなくて中古家電や古着なども販売するようになっているようですし、近所のブックオフも本のコーナーが小さくなって古着や中古家電製品のスペースになってしまいました。残念ですね。

 古着はきれいに並んでいましたが、中古家電はさみしくなるレベルです。ほとんど回転しない商品を並べておくぐらいならば本をおいてほしいと切実に願います。

 

2018.10月の株価 739x100円

実績PBR -

予想PER 76.19

利回り 1.35%

優待利回り 3.38%(3年以上継続保有で計算)

 

 総合利回りが4.7%程度あるのは素晴らしいですが株価は冴えませんね。ていうか厳しい意見を言うと値上がりするトピックスが思い当たりません。

 アマゾンなどのネット通販でも中古の本を販売しているので購入したことがあるのですが、これはこれで便利でした。

 脅威とはいえますが使い分けかなとも思います。購入したい本のタイトルがはっきりと分かっていればアマゾンでもいいのですが、ふらっと立ち寄って気に入った本を購入するというスタイルはアマゾンではできないことです。

 そんなわけで、個人的にブックオフという業態は好きなのでのんびり保有していこうと思っています。