株主優待や日曜大工などで、楽しく挑戦して生活を楽しむ

株主優待メインの株式投資、米国株投資、日曜大工、子育て、自己啓発などを気ままにつづります。

妻と子供もスマホでらくらくキャッシュレス(ペイペイ編)

目次

キャッシュレス還元に乗じないと損をする

 政府も上手だなと思うのですが、増税されたのにそのことが話題に上ることが少なく感じます。その代りキャッシュレスでの還元の話題が飛び交っていますね。

 さすがです。日本国政府。

www.meti.go.jp

 基本的にキャッシュレスで支払いさえすれば、国から国民全員に数%分くれるわけですから、それに乗っかってキャッシュレス支払いしないと損ですよね。

 さらに、キャッシュレスの業者もユーザー獲得のために大盤振る舞いをしています。

 「たかが数%じゃないか」というお金持ちの人ならばいいのでしょうが、私のような子供の教育費や住宅ローンがある子育て世帯とっては、数%でも安く購入できるということはやらない理由がないです。

クレジットカードでもよくないか

 キャッシュレス還元が始まる前から、クレジットカードが使えるスーパーなどではそれを使っていたので、正直ペイペイなどの良さが分かりませんでした。

 最近ではキャッシュレスというと、スマホでのキャッシュレス支払いに焦点が当たっている感があります。

 なぜ、スマホでキャッシュレスをやるのか。

 クレジットカードでもキャッシュレスの還元を受けられますし、ポイントもたまります。

 それでよくないか。と思っていました。

 そんな私がスマホでのキャッシュレスを始めたきっかけは、クレジットカードが使えなかった近所の安売りのスーパーでペイペイを使えるようになったからです。

paypay.ne.jp

 それに、実際にそのスーパーでスマホでキャッシュレスを使ってみたところ、ペイペイのキャンペーンでポイントが多くもらえたりして大変お得だと実感できたからです。

 また、最近仕事が忙しくて時間外にATMで現金を引き出すときに手数料がかかるのがあほらしくなったからというのもあります。

 クレジットカードで支払ったら数%分のポイントがたまる。

 ATM手数料もかからない。

 スマホでキャッシュレスならさらにポイントもたまる場合がある。

 こうなると、現金で支払う理由がなくなってきます。

最初のハードルが少し高い

 今はスマホでキャッシュレス(ペイペイ)やクレジットカード支払いをしていますが、妻と話をしているとキャッシュレスの登録などがややこしくてやっていない人が一定数いると聞きました。

 やっぱり、キャンペーンも多いので今のところスマホのキャッシュレスが一番お得だと思っています。

 確かにスマホでキャッシュレスは高齢者には厳しいところもあるのかもしれないですが、別に40代や50代の人ならばスマホも持っているだろうし、やり方さえわかればやれると思います。

 ただ、夫が登録して、妻も別に登録して・・・とやっていると、クレジットカードの枚数が増え、毎月いくら使っているかの支払管理も面倒になっていきます。

 そんなの嫌ですよね。

めんどくさいからやらないと損をしている

 こういうのって、調べたり登録したりするのは面倒です。

 ペイペイでも、最初のアプリダウンロードで500円付与まではだれでも簡単にできるのですが、そこからが面倒でやっていない人もいると聞きました。

 ここが分岐点です。

 やるかやらないか。

 それが、お金にダイレクトに反映されます。


一度やり方を決めてしまえば後は楽

 ただ、こういうのは一度やり方を決めて登録してしまえば後は楽です。

 私はペイペイでは次のようにやっています。


まずは現金をチャージする

 最初戸惑ったのですが、ペイペイの場合は主に2つの支払い方法があります。

 (ところで現金チャージ方法はいろいろあるのですが、ここではあまり細かいことに触れずに、私がいいと思う方法だけを説明していきます。 やれることを全部書くと いっぱいありすぎて分からなくなっちゃいますからね。)

 

1.ペイペイ残高に現金をチャージして、ペイペイ残高から支払う。

2.クレジットカードを登録してそこから支払う。

 私のお勧めは1です。

 2だとスマホでキャッシュレスの意味がよく分かりません。クレジットカード払いとどう違うのかということです。

(実際にはポイントが多くつくとか、クレジットカードが使えなくてもペイペイが使える店舗でキャッシュレスができるというのが利点ですが)

 

 次にペイペイ残高にチャージする方法は主に2つあります。

1.Yahoo!カード(クレジットカード)を作ってペイペイ残高にチャージする。

2.セブンイレブンなどのATMでペイペイ残高にチャージする。

 断然1がおすすめです。

f:id:challenge_funlife:20191110042930j:plain

ペイペイホームページより

(「送る」ボタンが送金。「チャージ」ボタンからチャージできる)

 

 なぜなら1だと、上記画面のスマホアプリで一瞬でチャージできるからです。

 セブンイレブンのATMで現金チャージもやってみたのですが、そもそも現金をもって店舗に行くのが面倒です。

 

 ここで、唯一面倒な点はYahoo!カード(クレジットカード)を作らなければいけないということです。

 ペイペイを最もお得に便利に使うにはこれは避けては通れません。

 だって、Yahoo!カード以外のクレジットカードでペイペイ残高にチャージできない仕様なんですから。

 そもそもpaypayはソフトバンクとヤフーとの合弁で設立された会社なので、これは仕方のないことです。

 他社のクレジットカードでも登録はできるのですが、ポイントが付かないので全くお勧めできません。

 

夫と妻と子供と一元管理

 せっかくスマホでキャッシュレスするのに、家族のお金の管理が複雑になってもよくありません。

 私のお勧めはペイペイ残高にチャージするのは夫1人にして、送金機能を使って妻と子供に送金という方法です。

 我が家ではこれで簡単に管理しています。

 具体的には

1.夫がYahooカード(クレジットカード)を作る。

2.夫がスマホのペイペイアプリでYahoo!カードからペイペイ残高にチャージ

3.ペイペイ残高から妻や子供に送金

 これで、1か所からの引き落としで家族全員がスマホでキャッシュレスです。

 

 ちなみに送金はびっくりするほど簡単で、一瞬で終わります。

1.夫のスマホのペイペイアプリで送金ボタンを押す。

2.妻のスマホアプリに通知が来るので承認する。

 これだけです。

 一瞬です。

 最初に送金したときに、その速さと簡単さにびっくりしました。もちろん手数料はかかりません。これでは銀行って......と思いました。

 ちなみに、高校生の子供には、お小遣いは現金と送金機能を使ってペイペイ残高に分けて渡しています。

 

 この方法だとクレジットカードも1枚ですみますし、引き落とし口座も一か所です。 

 繰り返しになりますが、この肝心な点はペイペイ残高にチャージしないと送金できないということです。

 だからクレジットカードはペイペイ残高にチャージできるYahoo!カードでないとだめなんです。

実際に登録して使ってみたらすごくお得で手放せない 

 

 やらない理由がありません。

 そういえば、マナブさんという方のブログとYouTubeに影響を受けて、YouTubeでアリババ創設者のジャックマーさんの講演を見ました。


アリババ創業者ジャック・マー「貧乏マインドに奉仕するほど最悪なことはない。」日本語字幕付き

 全くその通りだと思います。

 日本って、こんなことを堂々と言うのは悪い風潮があるように感じるのは私だけでしょうか。

 さらに行動を起こしていくよう頑張らねば、と思った次第です。