株主優待や日曜大工などで、楽しく挑戦して生活を楽しむ

株主優待メインの株式投資、米国株投資、日曜大工、子育て、自己啓発などを気ままにつづります。

ブックオフが好きな私にとって「株主優待お買物券」はとても使いやすい優待です(2018.6)

 結構気に入っているブックオフ(3313)の株主優待お買物券が届きました。


f:id:challenge_funlife:20180729222259j:image

 

 家と職場の間にブックオフがあるので、本を読むのが好きな私にとって、たまにブックオフに寄って本を眺めて、好きなものがあれば買うというのはとても好きな時間です。

 

 ただ、このブックオフについては、なんとなく状況は悪くなっているのではないかと思ってしまいます。そうなってほしくはないですが。

  というのも今の時代、中古の本を買うのはブックオフでなくてもAmazonでも買えますし、そもそも電子書籍も流行していますし、さらに本離れが叫ばれて久しいですしね。

 

 しかし、私にとってはお店で本を色々と見ながら、気に入ったタイトルがあれば手にとって、良ければ購入するというこのプロセスが好きなんですよね。

 

 そういう意味では、実店舗を持っているというのが、Amazonなどと比べてブックオフの強みと言えます。この強みを生かしていってほしいです。

 

 さて株主優待の話ですが、ここは100株保有で2000円分のお買物券がもらえます。さらに長期保有に対するインセンティブがあり、3年以上保有で2500円分がもらえます。
f:id:challenge_funlife:20180729222311j:image

  私はまだ3年未満なので、今回届いたものは2000円分でした。ただ、アンケートを回答すれば300円の優待券が追加でもらえるのが嬉しいところです。

 100円券なので、20枚もらえるんですが、20枚もあるとコレが結構分厚いのでちょっと嬉しい・・・。

 

 中古の本は1冊100円ぐらいのものも多いので、100円の買物券はとても使い勝手の良い額面だと思います。

 

 最近ブックオフで買った本の中で、とてもよかったのは、「SHOE DOG」ですね。最近読んだ本の中ではピカイチでした。

f:id:challenge_funlife:20180604234335j:plain

 この攻めた内容は、是非高校生の息子に読んでもらいたいものです。読書感想文の本にどうかな。

 

 話を戻して BOOKOFF のことでが、 同封されているレポートですが、社長が若いですね。「「本」を中核としたリユースのリーディングカンパニー」を目指すとありますが、そうあって欲しいと思いました。 

 というのも、ある実店舗を見ていると、中古家電や古着やフィギュアの売り場が増えているのですが、特に中古家電やフィギュアは売れているのか不思議に思うんですよね。まあ、本が1冊売れても利益があまりないのかもしれないので、単価が高いものを売りたいというのも分かるのですが、ブックオフってその名の通り本のお店だと思うんです。そのお店で本のエリアが小さくなるというのはちょっと・・・。

 状況は厳しいのかもしれませんが、できれば本で勝負してほしいですね。

 

2018.7現在の株価 797 x 100円

PBR 1.24

PER 89.55

配当利回り 1.25%

優待利回り 2.5%(3年未満保有で計算)

 

 う〜ん。割安ではないですね。でも、総合利回りは3.75%あるのは悪くはないです。10万円以下の投資で優待がゲットできるのはいいところです。

 ブックオフが好きならばおすすめですが、今後ブックオフがどうなって行くかは予測が難しいですね。

 

 最近気付いたこの種の優待のいいところですが、ヴィレッジバンガードの優待もこの優待もぴあの優待もそうなのですが、このような優待券があると、普通なら購入をためらう本を購入するハードルが下がるということです。

 

 私の経験では、そのようにして購入した本は結果的に自分の興味の幅を広げてくれることが多かったです。実際に私はそれで5kg以上ダイエットできましたし。

challengefunlife.hatenablog.com

 

 私はなんとなくブックオフの優待が好きなので、のんびり長期保有していきたいと思っています。

 ガンバレ! ブックオフ。