株主優待や日曜大工などで、楽しく挑戦して生活を楽しむ

株主優待メインの株式投資、米国株投資、日曜大工、子育て、自己啓発などを気ままにつづります。

子供のメガネをZoffで購入したが次からはレンズを薄くする追加料金のかからないJINSにしようと思ったこと

目次

高校生の子供のメガネを作りに行った

 高校生の子供は部活をしているので、部活のあるときはコンタクトレンズを装着しているのですが、そのほかはメガネで生活しています。

 ただ最近そのメガネが見えにくくなってきたとのことです。

 もうこれ以上目が悪くなってほしくないと切に願うのですが、こればっかりは仕方ありません。

 この休日にメガネを作りに近くのモールに行きました。

今は家族全員がZoffかJINSのメガネをかけている

 我が家は、遺伝なのか家族全員目が悪くてメガネをかけています。

 メガネ代だけでも結構な出費ですので、少しでもこの出費を減らしたいところです。

 近年は眼鏡市場でメガネを購入していたのですが、 以前ブログで書いたように、JINSやZoffを知ってからはそこでメガネを購入しています。 

www.tanoshiku-challenge.com

中学生の子供はZoff

 上のブログ記事にも書いたように、中学生の子供の学校の友達はZoffで作っている人が多いとのことでしたし、気に入ったデザインのものを見つけたらしいので、Zoffでメガネを購入したわけです。

 どちらかというとZoffの方が女の子受けする店舗だなと、私のようなおじさんは感じました。

 JINSは店舗がユニクロ的な感じです。

私と妻と小学生の子供はJINS

  私のメガネはJINSで購入した5,000円のメガネです。5,000円でフレームとレンズ込みとは恐ろしく安い価格設定です。

 高級ではないフレームですが、実用上は何も問題ありません。

 実際、私も去年にJINSでメガネを作ってもう9ヶ月ぐらい毎日寝る時以外装着して生活していますが、全く問題ないんですよね。

 5,000円+税で作ったメガネですが、普通に使えています。

 これって、すごくコストパフォーマンスが高いと思っています。素晴らしい。

最近老眼がひどくなり近くが見えにくいのでデスクワーク用にメガネを購入

 ここ数ヶ月で、仕事で近くの小さな文字がとても見えにくくなりました。

 いわゆる老眼ってやつですね。

 これが不便で。

 仕事でパソコンに向かっていて、近くの資料に目を落とした時にぼやけて読みづらいんですよね。それに小さい字の資料も読みにくいし。

 近くの資料を見るときはメガネを外して、そしてパソコンに入力するときはメガネをまたかけてと、とても面倒になってきていました。

 以前、JINSで相談したら車は運転できないが遠近のメガネより中近のメガネがいいかもと言われて、測定と提案をしてくれました。

 購入はまた考えると言ってそのときは帰宅したのですが、結局必要に駆られて買いに来ました。

 一番安い5,000円のセットにしましたが、そこから「遠近」などの場合は追加料金5,000円なので、合計10,000円+税です。 

 お店にも貼っていたので納得して購入です。

ZoffとJINSの違い

 明らかにライバル関係の両者です。

 近くに店舗があったので、両方観察してみました。

 両者とも、フレームとレンズ込みの値段で提案で、支払い後30分程度でメガネを作ってくれるところも似ています。

 値段は、

 JINSが5,000円、8,000円、12,000円の3種類。

 Zoffが5,000円、7,000円、9,000円、12,000円の4種類。

 ただ、一番グッとくるデザインのフレームは、JINSが8,000円のもの、Zoffは7,000円か9,000円のものでした。

 Zoffはミニオンズとかスターウォーズとかキャラクターものとのコラボのフレームがあったのが特徴です。

f:id:challenge_funlife:20190805003218j:image

 Zoffで子供のメガネを作るのに立ち会っていましたが、JINSとの大きな違いはありません。

 面白いことに、両者ともレジその他のシステムはiPadを使用しており、旧来のメガネ店よりも効果的にIT技術を利用して手間を省いているところは共通しています。

 店員さんは、お店や個人によって違うとも思うので一概には言えませんが、私はJINSの店員さんが好ましく感じました。

 ただ、それはあくまでその店舗だけの話で、担当してくれた店員さんが違う人ならば感じも違ってくるかもしれませんが。 

Zoffはレンズを薄くするのに追加料金がかかる・・・

 これはとても痛かった。

 子供に安い5,000円のフレームを選んでもらったので、安く作れたと思っていたら、非球面の薄いレンズにするためには追加料金がかかりますと、昔からメガネ屋さんで聞く常套句が出てきました。

 私がJINSでメガネを買っていたこともあり、えっ?JINSなら薄いレンズでも追加料金がかからないよ、と思いながらも、既に選んだフレームも渡しているし、視力測定も終わっているので断りにくい雰囲気に。

 嫌な気持ちになりながらも、子供は視力が悪いためレンズが厚くなるので非球面の薄いレンズが見やすいとの案内ですので仕方ないなと。

 +5,000円です。心の中では次はJINSで購入しようという気持ちでいっぱいでした。f:id:challenge_funlife:20190805003248j:image

 (JINSの店頭に出ていた看板)

次からはJINSにしようと思った

 メガネは昼ごはんを食べた後に無事受け取れたのですが、負けた感があります。

 ちなみに、余談ですがメガネケースは断然Zoffの方がいいです。でも、私はそこをあまり重視していません。

 子供は視力が変わることも多いので、大人よりもメガネを作る回数が増えます。

 節約するためにも、少しでも安くメガネを入手したいものです。

 実際に両者でメガネを作ってみて感じたことは、ほとんど変わらない両者ですが、Zoffの方が旧来のメガネ業界的な慣習が残っていると思いました。

 逆にJINSの方は、そこを突き抜けて、客に分かりやすい価格設定を貫いていると感じました。

f:id:challenge_funlife:20190805003322j:image

 私は、JINSの考え方に共感しますので、これからはJINSでメガネを作ろうと思った次第です。

 なお、ここに書いたことはあくまでも私の経験と主観によるもので、正確性を欠いているところもあるかもしれませんので注意してください。

 それに私はどちらの会社の関係者でもないことを申し添えます。私個人の感想です。

株主優待はあるのか 

 調べてみたところ、JINSは100株保有で5,000円の優待券がもらえるようです。

 ただ、57万円ほど必要なので、5,000円の優待を得るための投資金額としては高すぎます。私は買わない予定です。

 Zoffは上場していないようで、株主優待はないようですね。

 しかし、株主優待がなくても5,000円でメガネが作れるのは大したものです。

 応援していきたいと思いました。