株主優待や日曜大工などで、楽しく挑戦して生活を楽しむ

株主優待メインの株式投資、米国株投資、日曜大工、子育て、自己啓発などを気ままにつづります。

高校生の息子の評価が最近高いAmazon Music Unlimited

目次

AIスピーカー購入と同時に加入した音楽定額配信サービス

www.tanoshiku-challenge.com

 我が家では、Amazon Echo dotを購入した時に、キャンペーンに乗っかってAmazon Music Unlimitedに加入しました。 

 正直すごいですよ、これは。

f:id:challenge_funlife:20181118203420j:plain

 まだ契約していない人は一度無料お試しもやっているので、試してみることをオススメします。

 しかもAIスピーカーやスマホアプリのAlexaは、人の話す言葉を認識してアクションを起こせるのですから。

 それも割と精度良く。

 まあ別に必要なければAIスピーカを購入しなくてもいいと思います。

 私も通常はスマホでAmazon Music Unlimitedを聞いています。

 AIスピーカーは別にあってもなくてもいいんです(笑)。ただ面白いので(笑)。

  個人的には、AmazonのAlexaよりもGoogleの方が音声認識精度が良いように思うのですが、「プライムビデオ」や「お急ぎ便無料」などの特典があるため、どうしてもAmazonのお得度が勝ってしまっています。

高校生の息子には評価が低かったのだが

 以前記事にしたのですが、高校生の息子はあまりこれに興味を示しませんでした。 

www.tanoshiku-challenge.com

 ところが、息子の好きなアーティストの「BUMP OF CHICKEN」が加わったことにより評価がガラッと変わったようです。

 しかも、最近では「マルーン5」や「エドシーラン」などの洋楽にも興味を持っているようです。

 まあ、洋楽はAmazonは強いみたいですから。

 これのすごいところは、CDをレンタルショップなどに借りに行かなくても、興味の湧いた音楽を検索し、すぐその場で聴けるのですから時間も大きく節約でき、世界も広がります

 そういうことで、高校生の息子が音楽を聞く環境はAmazon Music Unlimited一択になったわけです。

 私も今のところそうなんですが、別にYouTube Musicのアプリも入れているのですが、これもいいんですよね。

 割と最新曲がありますし、ミュージックビデオも面白いですし、なんかちょっといい感じです。 

 悩ましいところです。

これからの子供達はサブスクしか知らなくなるのかも

 私たちの時代では、音楽を聴く手段はカセットテープから始まりCD、MD、iPod、スマホなどと時代が変化していきましたが、どれも販売している曲を購入し、持ち出して音楽を聴くというものでした。

 ところが、今は曲を購入するというよりも、「定額○円で○○万曲が聴き放題」などのサブスクリプションサービスが一般的となってきました。

 所有から利用と変化していくのでしょうね。

 最近はトヨタ自動車なども車のサブスクとしてKINTというサービスも始めたようですし。

 この流れは加速していくでしょうね。

 だって、いちいち音楽を持ち出す機器に入れる必要ないんですから。

 昔は、カセットテープに音楽を入れて、そのカバーに曲名をきれいに書いたりしてたんですがね。懐かしいです。

 今やそんなことをする時間と手間は必要ないんですよ。その時間は他のことをすることに使えるんです。

 曲名なんかは自動的にスマホに入りますし、Amazon Music Unlimtedなんかでは、曲によっては歌詞まで画面に出るんですから。

 たいしたもんです。

 我々40代のお父さんも一生懸命時代についていかないとね。

 Amazonは色々とキャンペーンをやっているので、それに乗っかるのも悪くないですよ。